GIの低い食べ物を食べる

GI値が低い食べ物を選ぶ

ダイエットに出てくるGI値。
GI値はグリセミックスインデックスの略語で、簡単に言うと食後の血糖値上昇を示す指数。糖質吸収が早い食品はGIが高い、逆に糖質吸収が遅い食品はGIが低いという見分け方をします。

 

血糖値上昇が早い食品はその分早く脳が満足して腹いっぱいの信号を送り、ひとまずお腹も落ち着きますね。空腹時に甘いあめ玉がお腹を満たすというのはこのためです。

 

しかし、

 

インスリン

ミカンは低GI

急激な血糖値上昇は、インスリンにより急激に血糖値を下げます。(血中に有る糖分を全身の筋肉などに送り込むため血糖値が下がる)インスリンは血糖値を平均的にならす役割を持っています。ちまたで言われている血液ドロドロ状態をきれいにしてくれるという役割です。

 

大変重要な役割ですね。

 

急激に血糖値が上がると、急激に血糖値が下がるという事です。

 

  1. お腹が減って辛い。
  2. 甘いモノを食べよう。
  3. 満足する。すぐおなかが減る・・・

 

その繰り返し・・・

 

にならないために、GI値の低い食べ物を摂るといいでしょう。

 

ダイエットとGI値

GI値の低い食べ物を摂るとなぜダイエットに良いのでしょうか?

 

実は、インスリンは脂肪を蓄えてしまうのです。糖質などのエネルギーをインスリンが全身に送ります。もっと言うと、全身の細胞に取り込ませ、蓄えてしまう働きをしているのです。

 

なので、インスリンが多く出る状態は、蓄えも多くなる・・・脂肪も他の栄養と同じで『取り込み、蓄えてしまう』わけです。

 

結果肥満になりやすい。だからGI値が低い食品を食べると、ゆっくりカラダにエネルギーが吸収されます。取り込み、蓄えも穏やかにということです。だから肥満になりにくい。

 

ぜひGI値の低い食事を覚えて、意識して献立を考えると良いでしょう。


GI値の高い食事とは

当然ですが砂糖系です。GI値100と最高に高いです。黒砂糖は若干ですが低めの90となっています。はちみつも同等。甘いモノは押しなべて高いです!!

 

菓子パンなども90前後とやはり高いです。甘いモノは高いです!白米も続いて高いです。私の大好きなうどんは白米同様80程度。食パンも90程度ある・・・

 

意外と高いのはニンジン!80程度あります。しかし、人参ってそんなにたくさん食べませんよね。GIが高くても計り知れない栄養があるため、控える必要は全く無いでしょう。むしろ食べて下さい!

 

GI値が中くらいの食事は

うどんと同じ小麦粉のパスタは炭水化物の中でも60前後で低い方です。よく、肥満を気にする人で炭水化物を食べたいならパスタがよいというはこの数値が低いためです。ちなみに60程度ですと中GIなのです。

 

そばは50程度。そばとパスタは同等でしょう。豆類も同等。発芽玄米も同等。ライ麦パンも同等。

 

GI値が低い食事は

肉や魚は40程度と低い部類です。

 

無茶苦茶低いのは海藻類。海苔、塩、わかめは10程度なのでこれは良い。お腹が減って空腹感を紛らわすにはおしゃぶり昆布なんて最強かと!

 

甘いモノが食べたい。甘いもので低GI値は

秋でしたら梨。30程度と低GI値となっています。栗も60程度なので食べ過ぎなければ良いでしょう。冬はミカン。これも30程度。さつまいもは60程度なので栗同様食べ過ぎなければ良いでしょう。

 

夏はメロン、桃。コレも40程度と低め。ぶどうも50程度。オールシーズンの甘いものはバナナで決まり!バナナは50ちょいなので中位です。

 

まとめ、おすすめ
主食のご飯ですが、白米と発芽玄米を混ぜたり、
食パン派の人はライ麦パンに変えたりしましょう。

 

うどんよりそばやパスタを選んだりしてみましょう。

 

小腹が減ったら甘いものもいいのですが、おしゃぶり昆布も一緒にどうでしょうか。

 

さらにさらにオススメですが、GI値が高い白米も、GI値が低い納豆と一緒に食べると中和され低くなります。どうしても白米が食べたいなら、昆布と一緒に食べたり、納豆と一緒に食べるといいでしょう。

 

砂糖をこの甘味料に変えてみるだけでなんと!これほど天然の甘味料でGIが低いものがあるんですね↓
珈琲や紅茶、普段の料理に使ってください。

page top